スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【XYシングル】(ライ)ボルトランド

シーズン3最初の構築記事になります。シーズン3はまだまだ終わりませんが、構築に限界というか飽きを感じてきたので公開します。

構築は簡単に言うとメガライボルトとスカーフ霊獣ランドロスでトンボルチェンしようと思い組んだものになります。

では早速紹介




20140317210728889.png

ライボルト@ライボルトナイト 性格:臆病 特性:静電気→威嚇

10万ボルト/ボルトチェンジ/火炎放射/めざめるパワー氷

メガ進化前:147(12)-×-80-157(252)-81(4)-170(236)
メガ進化後:147(12)-×-100-187(252)-101(4)-203(236)
C:ぶっぱ
S:メガ進化前最速ガブ抜き
H:余り
ダウンロード対策でD>B

ちょっと珍しめのメガ枠。単体でそこまで強いポケモンではないですが、広い技範囲とSの高さから終盤にメガライボルトの一貫性ができるという謎の状態が生まれたりすることがしばしば。

特性の威嚇があるのでガブを意識した調整をしたくなったりもしますが、もともとトンボルチェンを前提に組んだのでCを落とすのはなんか違うと思いぶっぱにしました。

特性は以前にも書いた通りトレース対策で静電気に。安心してボルチェンができるのはとてもよかったです(小並)

メガ進化すればメガゲンガーすらも上から殴れたり、メガハッサムに圧倒的に強かったりとめんどうなところを処理できる点は非常に頼もしかったですが、先にメガ進化されるとメガルカリオに負けたりするのでそのへんの扱いは少し難しいと思いました。



霊獣ランドロス

霊獣ランドロス@こだわりスカーフ 性格:意地っ張り 特性:威嚇

地震/ストーンエッジ/蜻蛉返り/馬鹿力

165(4)-216(252)-110-×-100-143(252)
調整なしぶっぱ

とりあえず火力と素早さを両立させたかったのでいじスカーフ。技は適当に選びましたが逆鱗や叩き落とすを入れてみてもいいかと思います。(教え技ばっかりなので注意)

使う前はとても使いやすそうだと思ってましたが、実際に使ってみるとそこまで使いやすくはないように感じました()

そもそも拘ってる時点で地震と蜻蛉の択ができてしまうので考えるのが嫌いな僕には辛かったです(トンボルチェンとは)

それでも地震の一貫を消しつつ威嚇を撒けるので選出機会はまあまああり、普通に強いポケモンなのかなと思いました。



20140224040154b73.png

カイリュー@拘り鉢巻き 性格:意地っ張り 特性:マルチスケイル

逆鱗/地震/馬鹿力/神速

191(196)-199(212)-115-×-120-113(100)
H:16n-1
S:準速ノオー抜き
A:余り

相変わらず同じ個体を使いました。なんかもう鉢巻カイリュー信者になりそう・・・

ライボランドで一貫する水炎草あたりを半減にでき、高火力を押し付けサイクル戦を有利に進められるので採用しました。

メガバナにも強いので本当にこいつを入れとくと楽だな~と感じました。

既に2回書いてるのでこいつに関してはこのくらいで・・・



20140224040153764.png

ヒードラン@食べ残し 性格:臆病 特性:貰い火

火炎放射/大地の力/毒々/身代わり

193(212)-×-126-150-132(44)-141(252)
H:16n+1
S:最速
D:余り

どくまもドランだった奴です。どくまもだった時にドランを投げられたり、バナが地震を持ってたり、ラキハピがリフレッシュを持ってたりと、はめて倒す機会がめっきり減ったので、はめ性能を落として範囲を取りました。

採用理由はポリ2あたりのためにだったんですが、正直ここの枠は見直してもいいかと思うくらい選出率が低かったです。

ここにうまいのを入れられればもうちょっとはましな構築になると思います。



ニンフィア

ニンフィア@拘り眼鏡 性格:控え目 特性:フェアリースキン

ハイパーボイス/サイコショック/シャドーボール/めざめるパワー炎

191(164)-×-96(84)-176(240)-151(4)-82(12)
H:16n-1
H-B:陽気鉢巻ガブの地震確定2
C:11n
S:無振りバンギ抜き
D:余り

強いってうるさい人がいたから使ってみましたが強かった・・・

ハイパーボイスでHDオボンカバが2発で飛んでいくのを見てるのは非常に楽しかったです。

ほとんどハイボしか撃ちませんが一応ウルガや毒タイプにショック、ギルガにシャドボ、個体を用意する時の都合上楽だったのでめざ炎を採用しました。

ハイボでギルガルドにも1/3程度入るのでハイボ撃ちつつサイクルを回すだけで勝てる試合も多く、また眼鏡ハイボが受からない選出をされることもけっこうあったので、本当に強いと思いました。

ただめざ炎がナットくらいにしか撃てないのでめざ地の方がいいかな~って思ったり。



ナットレイ

ナットレイ@ゴツゴツメット 性格:呑気 特性:鉄の棘

パワーウィップ/ジャイロボール/宿り木の種/ステルスロック

181(252)-117(20)-187(148)-×-147(84)-22
H:ぶっぱ
H-B:陽気メガガルのグロパン→地震確定耐え
H-D:臆病メガサナのハイボほぼ3回耐え
A:余り
S:最遅

某穏健派君がガルーラにナットぶつけてたのを見ていいな~って思ったのでパクリました。配分とか技が少し変わってますがほとんど違いはないです。

鉄棘とゴツメで接触技を使用したメガガルの体力を半分以上削ることができるので使ってて楽しかったです。

ガルーラ対策だけでなくフェアリー技や胞子の一貫を消すためとしても機能しました。

強いポケモンには強い分、簡単に他の起点になってしまうのでそのあたりには注意が必要です。

なんとなくステロを入れましたが、ステロを入れたいポケモンがナットを起点にしてくるポケモンだったというのが多かったのでなんとも微妙でした。

それでも有利対面でとりあえずステロしといたら助かった試合もあったしそこまで欲しい技もなかったのでこれでいいかと思います。




<まとめ的な>

ライボランドを組もうと思ったきっかけはYロムなのにライボルトナイトがあることに気づいた時にある人からライボランドナンスが強そうと言われたことでした。

その時の僕はメガライボルトをあまり強いポケモンだとは思ってませんでしたが、構築に迷っていたのでネタで終わってもいいや程度の気持ちで組みました。ナンスは途中で消えました。

実際に回してみた感想を言うとライボランド自体は僕には扱えませんでした。

理由は単純で相手にトンボルを読まれ変に突っ張られて負けるビジョンしか浮かばなかったからです(というか実際に負けた)。そのため強気にライボランド選出をすることができませんでした。

あとこの構築を組んだあたりから何故かキザンが増えたのがとてもきつかったです。

それよりもカイリューニンフナットの選出をとても強く感じ、こっちの選出ばかりを信用してました。

とりあえず接触技をナットで受けてニンフでハイボ撃ってればカイリューで全部ぶち抜いたりできたので簡単ながらとても強かったです。

多分カイリュー+ニンフは今後も積極的に使っていきます。この並びの強さがわかっただけでも収穫だったと思います。



20140326144118410.jpg



一応これがこの構築で一番良かった時の結果になります。地味に最高レートを更新することができました。

高い順位も出せてはいますが他の人と比べると僕の対戦数がアホみたいに多かったのでつまりまあそういうことです。

ここまでいい結果は2度と出せないと思いますが、今後もめげずに頑張ろうと思います。


それでは終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

さがん

Author:さがん
一応ポケモンやってます。適当に見てやってください。
Twitter:Sagan_poke

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
総閲覧者数
現在の閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。